自学の習慣づけは3年生までに

多くの保護者が注目しているのが中学受験実施校です。公立中学とは違い、独自の教育方針を持ち、レベルの高い指導を行ってくれる私立中学や国公立の中高一貫教育校は、その先、高校、大学受験を見据えるうえでも、魅力的な教育を行っている学校といえます。中学を選択できるという時代です。お子さんの将来を考え、中学受験について保護者が万で置くことも大切なことです。

中学受験を志すご家庭ではない場合も、お子さんには将来、高校受験、大学受験が控えています。その時点になって勉強しろとうるさく言っても、お子さんは言う事を聞きません。勉強する時間が生活の中にない状態にいきなり勉強する時間を割り込ませろといっても、中学、高校年代のお子さんは聞き入れることが少ないです。

自宅で勉強する、復習予習する、という自学の時間の癖付けは小学校3年生までにつけておくと、習慣化しやすいです。小学校入学時点から学校の宿題をやったら、その後自学の時間を設け、漢字ドリルや算数の計算ドリルなどをしっかり行いその後、遊びに行くという生活習慣をつけておくと、学校で一定の成績を保つことができます。

絶対に自学が必要となる時期になってから自学時間を設けるのではなく、その前の段階、基礎学力づくりの段階で、自学時間を設けておくとお子さんは受験勉強にもすんなり溶け込めるのです。