先取り学習は低学年時から

公立小学校と私立小学校では、学習の進み具合が違うという事をご存知でしょうか。公立小学校では国で決められた指導方針の元、その学年のカリキュラムをこなしていくのですが、私立小学校などでは独自のカリキュラムによって公立小学校と比較すると、先取り教育が行われています。先取り教育とは例えば本来小学校5年生で勉強する内容を小学校4年生で行い、小学校6年時には小学校の教育課程がすべて終わっているなどの教育です。

中学受験ではこの先取り教育をしておかないと間に合わないといわれています。中学入試で出題される問題の多くが、小学校5,6年時に習う単元です。中には6年生の後半、つまり中学受験が近くなってから習う単元もあるわけです。すると、中学受験時には習っていないという場合も出てきますので、問題を解けるわけがありません。そのため、進学塾などでは「先取り教育ありき」の状態で学習が進められます。

公立小学校で勉強してきたお子さん、また中学受験を高学年になってから決定し、これまで中学受験に沿った勉強をしてこなかった子さんの中には、進学塾に入ったけれど習っていない単元の指導なので全く追いついていけないという事も出てきます。

中学受験を志すのなら、小学校低学年から、先取り教育を取りいれた指導、勉強をしておくことが必要となるのです。