中学受験実施校が欲しいと思う子

中学受験を実施する中学が、どのような生徒像を求めているか、これを知る事は中学受験について大きな力となります。普通にいけば受験せずそのまま公立中学校に行ける年代なのに、わざわざ継続的な勉強を行い実力をつけて中学受験に挑んでまでも中学受験を志すのですから、合格できる要素、情報はしっかり取りいれ活かしていくことが大切です。

中学受験実施校はなぜ受験させ、生徒のふるい落としを測るのか、それは、学校が求める学力レベルを持つお子さんを集めたいから、それだけではありません。中学受験実施校は国の教育方針に沿った教育ではなく、独自の教育方針や指導方針をもって教育しています。その多くが、お子さんに創造性や思考力、判断力などを求めています。

その証拠に国語では長文問題が出され自分の言葉で解答する学力、能力が求められています。算数でも問題の意図を読み、自らの想像力を駆使し、どう解いていくか、記述しなければなりません。社会の時事問題についてもその問題について解答する際に、自分の言葉が入っていること、思想がしっかり見えることが求められます。

自分で考え自ら行動でき、想像力豊かに学んで行ける子供、各中学でこのような理想とする生徒像に近い生徒探しを、学力テストによって行っているのです。