本当に理解できる学習とは

ただ勉強すればいいというだけではなく、中学受験では中身が重要です。本当に身に付く学習をしなければならない、つまりやっつけの勉強ではなく、自ら考え、自分でしっかり解く力が必要となるのです。宿題を与えられると子供は、早く最後まで終わらせて自分の時間を持ちたいと考えます。これはただ勉強をこなしているだけです。

そうではなく、本当に理解できる学習をしなければなりません。ただたくさんの問題を解く、ということで訓練になるのは計算問題くらいで、中学受験では主体が応用問題です。どの科目にしても、問題をよく理解し自分が持っている知識を総動員させて解くことが必要となります。そのため、ただ早く宿題を終わらせる、とにかくやればいいという解き方ではどうにもなりません。

本当に理解できる学習にするためには、解けなかった問題、×をもらった問題をもう一度自ら解いてみて、どこで間違ったのか、理解しながら自分のものにしていくことが大切です。勉強したままではなく、勉強した後の取り組みが重要なのです。理解できない問題をスクリーニングし、スクリーニングする事で自分の本当の知識にする、こうした学習の積み重ねが本当に理解できる学習となっていきます。