範囲が広いと成績が悪い子

中学受験を目指すお子さんの中には、1単元ごとのテストの結果は非常によくいつも優秀なのに、なぜか模試や実力テストなどになると全く力を発揮できないというお子さんがいます。単元ごとの成績がいいという事は、その単元を理解しているはずです。でも成績が悪いという事はどういう事なのか、それは、自分の知識を応用できていないからです。

実力テストや模試などは、広い範囲から出題されます。中学受験を目指すお子さんたちが取り組むテストとなりますので、中学受験実施校が出題するのと同じような問題が広い範囲から出題されます。単元のテストではその単元で習ったことが理解できているかを知るためのテストですが、実力テストや模試では、今まで単元ごとに習ってきた知識を利用し、応用問題を解くことが必要です。

単元ごとの成績はいいけれど、模試は成績が低いというお子さんは、持っている知識をどう活かせばいいのか、その使い方がわからないのです。これは応用問題などの時間をかけて習得する事が必要な問題を、自らの力で何問も何問も解いていくしかありません。

自分の知識を利用し難しい問題をいかに解いていくべきか、その応用力が身につかないと中学受験成功は難しくなります。