レベルに合わない塾は利用しない

小学校5年生になると進学塾に通うお子さんも非常に多くなります。中学受験を目指すお子さんなら、この時期、ほとんどのお子さんが進学塾や個別指導塾、家庭教師などを利用されているでしょう。通常塾では、小学校5、6年生の学習について、前倒しで先取り教育を行っています。なぜか、というと、中学受験で出題されることが多い単元の多くが、小学校5,6年生の学習の中から、だからです。

授業で習っていない学習内容を塾で指導され、その上小学校6年になると中学受験に備えた応用問題なども多数授業に取り入れてくるため、ついていくことができないお子さんも出てきます。また正確でスピーディな計算、漢字の読み書き、熟語などについてはこれら塾の指導外、通常自学の中で行う勉強となるため、高学年こそお子さんがやる気を起こして前向きに取り組まないと落ちこぼれていく可能性が高くなります。

余りにもストレスを感じ、体力も精神力も疲労し、ついていくこともできないままに宿題や予習復習などを必死にやっている、けれど成績は上がる処が落ちていく、というお子さんなら、塾のレベルがお子さんにあっていないかもしれません。お子さんの中には無口になってしまったり、調子が悪くなったり肉体的に影響が出てくることもあります。

このような状態になったら、思い切って塾を変える、という事も検討しましょう。レベルがあっていない状態で必死になっても、わからないことが多くなり焦るばかりで、いいことはありません。お子さんがしっかり落ち着いて勉強できる、お子さんにあった塾をもう一度考え直す必要があるでしょう。