問題を解く力は予習復習から

中学受験間近になってお子さんがどう問題を解いていいのかわからないという事では困ります。少しずつ問題が難しくなって中学受験が近くなればなるほど、さらに問題は難解になっていきます。基礎学力が身についていてその上で自分で考え応用問題を解く事ができる力が備わっていないのです。

こうした力を付けていくために、小学校低学年から行う毎日の学習は大きなポイントとなります。小学校高学年になると塾の宿題の量も膨大になっていきますし、自学の時間を有効利用し、過去問題や基礎問題などを繰り返しとくことが受験対策となるため、わからないことがあっては前に勧めなくなるのです。

小学校の低学年から学校の宿題が終わったら必ず予習復習を行う、家庭学習が日頃の勉強の基本となっているお子さんは、小学校高学年になってから困る事があまりありません。常に勉強を継続し基礎学習が体にしみこんだ状態となっていれば、応用問題が多くなり難解になっていく高学年になっても、自らの力で問題を解けるようになっていくはずです。

わからないことをそのままにしておかないためにも、予習をして疑問点を書きだしておく、復習をして理解できていないことを塾の講師に聞けるよう準備しておくなど、勉強に対して前向きに取り組める子供にするのも、低学年時の勉強の仕方が大きく影響していきます。