優先順位がわかる子は強い

なかなか成績が上がらないと悩んでいるお子さんの多くが、勉強するという事の意味が理解できていません。こうしたお子さんの多くが、毎日膨大な量の宿題をこなし勉強に時間をかけています。こんなに時間を使って勉強をしているのに、どうして成績に結びつかないんだろう?と保護者も心配になります。こうしたお子さんの多くが、「勉強の仕方」を理解していません。

お子さんが自宅で学習している様子を見てください。自分が不得意な科目、苦手な問題などを数多く解いているでしょうか。いえ、成績が伸びないお子さんの多くが、得意科目ばかり、解ける問題ばかりやっていないでしょうか。中学受験の難しい問題を解くためには、難しい問題こそしっかりチャレンジし、解けない、理解できない時には塾の講師なり学校の先生なりに質問し、わからないことをそのままにしておかない努力が必要です。

成績が伸び悩んでいるお子さんの多くが、できない問題はできないんだからしたくない、解ける問題を多くといて採点を確実に・・・と考えています。でも、できない問題というのは往々にして配点が高い問題が多いのです。難しい問題こそチャレンジして自分で解く力を構築していないと中学受験本番で配点が大きな問題を取りこぼすことになります。お子さんの勉強方法、取り組み方を注意深く観察し、応用問題など積極的に取り組ませるようにしていく事が大切です。