手抜き学習では合格できない

中学受験を目指すお子さんにとって成績が向上しないのはモチベーションも下がりますし、このまま合格できないのなら勉強しても仕方ない、それなりのランクの学校に志望校を落としたほうがいいかなと消極的になる原因ともなります。

なぜ成績が上がらないのか、そのお子さんによって違いがありますが、その要因に飽きっぽさ、また面倒なことが嫌いという要因があります。勉強というのは積み重ねがとても重要で、難しい問題も理解しにくい講義もしっかり消化していかなくてはなりません。でも、面倒なことが嫌いなお子さんは、いい言葉でいえば合理的に、悪い言葉でいえば端折って勉強を進めようとします。

確かに合理的に勉強を進めるということはよい事なのかもしれませんが、小学生時代に合理的な勉強は通用しません。基礎学力をしっかり付ける事が応用問題など難しい問題をクリアできる秘訣となるのですから、毎日コツコツ、できないことも面倒なことも消化していくしかないのです。

算数の応用問題などは問題をしっかり理解してから取り組まないと解く事ができません。でも面倒なことが嫌い、というお子さんの多くが、問題の最後、なにを求めろと言っているのかを読み、解こうとします。これでは問題の意図が読めず、その問題が運よく解けても、他の問題もしっかり解けるという実力はつかないでしょう。

一つ一つの問題を細かくしっかりこなしていく事が中学受験合格の最大の秘訣だという事を、日頃の学習から得る努力が重要です。なぜ中学受験に挑むのか、その為に何が必要なのか、お子さんとよく話をして理解させ、面倒な事こそ価値があるという事を伝えていきましょう。