現時点での最善となる志望校決定を

中学受験では学力テストが合否を大きく左右するため、学力にばかり目を取られてしまう保護者が多いです。通常、小学校のお子さんがチャレンジする中学受験は、お子さんが希望するのではなく、保護者が決定する事が多いです。この学校はどこそこの大学の進学率がとても高い、教育方針がしっかりしていて、グローバル的な教育も行っている、高い学力をつけてくれる学校なので、将来の事を考えるとここが一番などと考える保護者が多いのです。

お子さんの性格はどうでしょう。その学校は人間形成などをどう考えているでしょうか。どのような学校行事があって魅力的な授業が行われているでしょうか。何よりお子さんが楽しんで学校に通う事ができそうでしょうか。保護者の意思が強く入る中学受験では、有名校、御三家、難関校という言葉につられて志望校を決定する親御さんも多いです。

そうではなくお子さんの学力に見合っていて、お子さんが入学してからきっと楽しく学べる校風がある、お子さんがこの学校に入ってよかったと思える魅力ある学校だ、など、お子さんと学校の相性というものも、志望校選定の際、頭にしっかり入れておくことが重要です。難関校に合格しようが、御三家に合格しようが、その学校で生活するのはお子さんです。学校が好き、宿題は多いけど楽しいとお子さんが笑顔いっぱいで通学できる学校を選ぶべきです。